平尾美紀
大久保剛
岩重綾見
坂本 綾
翠 大輔
草場太一
Copyright©2002 けやき通り学生会.
All rights reserved
 
 
 
 
  >平尾美紀
 
件名:ブルーサターン
送信日時:2000年11月5日(日)
     11:07PM
とてもすてきな人にであいました
むかし月をおいかけて
月をつかまえようと思ったことはありませんか
星をとりたいと思ったことはありませんか
彼は土星をつくってしまいました
土星をとじこめたのです
もしくは土星をみる遠眼鏡箱をつくったのです
それはちいさな宇宙です
そしてわたしはむかし月をおいかけたことを思いだしたのです
月はおいかけてもおいかけても同じところにいました
にげてもにげてもおいかけてきました
いつの間にかあきらめていたことを
彼はつくってしまったのです
なんといったらよいのでしょう
宇宙と交信しているようであり
遠くはなれたものをみているようであり
とじこめたようであり
ほんとうにとてもすてきなのです


以上のことは
香月で皆でブルーサターンをみた日に
その思いを誰かに伝えたくて
出すあてもなく書いたメールです。
結局
誰に送信されることもなく
今でも下書きフォルダの中に入ったままです

ヒラオ ミキ