Gallery MORYTA

日韓現代版画展「エディション」と「モノタイプ」

Print Shou Japan & Korea

2007年11月10日(土) - 11月25日(日)
日韓現代版画展「エディション」と「モノタイプ」

出品作家
政木貴子 鄭尚坤 坪田政彦 申秀珍 金栄勳 加納隆一 金政南 芝高康造 林根右 稲垣由紀子


版画はもともと複数印刷のために考えられた印刷技術ですが、現在は独立した表現媒体としてその魅力と価値が認められています。そして、その過程で、複数制作版画「エディション」版画だけではなく、1点ものの「モノタイプ」版画が制作されるようになってきました。
 今回の展覧会では、日韓両国の版画のフィールドで活躍する作家が、版画という媒体の中で「エディション」と「モノタイプ」の表現の違いを考え、それぞれの方法論で制作し展示します。
 日本と韓国という版画の盛んな2国の作家が、現代における版画の意味をそれぞれに深め、追求しながら、個人の作品世界を超えた国民性と観点を再発見しつつ、お互いの交流の場、新たな創造の場となることを願います。
   

稲垣 由紀子