Gallery MORYTA

池田満寿夫 展 - 外ト内ト -

Masuo Ikeda exhibition

2004年2月22日(日) - 3月14日(日)
池田満寿夫 展 - 外ト内ト -

「私は意識的に自分のスタイルを次々に壊し、変貌していくことに情熱を持った。その姿勢は死ぬまで続くだろう」


 自己破壊と創造の繰り返しのなかで、極めて多彩に、最期まで全力で生きた池田満寿夫。70年代に制作された「七つの大罪」シリーズ、「彼女の会話」「笑って」などの代表作を中心に発表いたします。

池田満寿夫
版画はもとより、絵画、彫刻、陶芸、文学、書、映画など幅広い分野にそのほとばしる才能をいかんなく発揮した池田満寿夫(1934-1997)。
 
 彼は、旧満州国(現・中国東北部)に生まれ、終戦後は両親の故郷、長野に移り住みました。上京後、画家・瑛九の勧めで色彩銅版画を始め、1960年、東京国際版画ビエンナーレ展で文部大臣賞を受賞、シンデレラボーイとして一躍脚光を浴び、1965年にニューヨーク近代美術館で個展を開催、翌年にはヴェネツィア・ビエンナーレ展で国際版画大賞に輝くなど、国際的にも高い評価を得ました。
 
  また、文学にも傾倒し、1977年、小説『エーゲ海に捧ぐ』によって芥川賞を受賞、さらに同作品を自ら映画化、映画監督としてもデビューを果たしました。その後もマルチ・アーティストとして多様な挑戦を続けました。「芸術に進歩などない、変化があるだけだ」という言葉のとおり、つぎつぎに新たな表現世界を開拓していきました。