Gallery MORYTA

堀越千秋 展 - らせんの力 -

Chiaki Horikoshi Exhibition

2002年9月28日(土) - 10月20日(日)
堀越千秋 展 - らせんの力 -

堀越千秋はスペインに25年滞在し、
ヒターノ(ジプシー)とは20年来の付き合いのある画家である。


もともと3次元の立体空間に住む人類が、2次元の平面空間に表現するのが絵である。何しろ次元を変換するのであるから、当然ものすごいエネルギーを必要とする。つまり、立体を押しつけて平面に圧縮するわけだ。空間が、画家の力によって歪(ゆが)むのである。 画家の力、といったって、それは画家という人間を通じて現れる宇宙の力である。万物はぐるぐる回っている。太陽も星雲も卓上のしょう油さしも、ぐるぐる回っている。それが宇宙のどこかへ向かって、ものすごいスピードで移動している。それをよそから眺めれば、らせんである。

※堀越千秋 読売新聞日曜版「赤土色のスペイン」より抜粋

■ Opening 9月28日(土)pm4:00~ 「堀越千秋を囲んで」
■ 特別企画「カンテ」
9月28日(土)pm7:00~
<スペシャルゲスト> Miguel "Gitano de Bronce"・Diego Agujetas