Gallery MORYTA

堀越千秋 展 - CALIENTE -

Chiaki Horikoshi Exhibition

1996年10月12日(土) - 11月17日(日)
堀越千秋 展 - CALIENTE -

ゴッホを実際に見た人の話によると、ゴッホはそのとき自室で絵に筆を入れていたそうだが、そっと絵に近づいて一筆入れると、すぐそのまま後ろ向きに手探りするようにイスまでたどりついて座り、じっと眺めては、また同じように絵ににじり寄って....とやっていたそうだ。

 
  これは、おそらく最後のバランスを決めようとしていたのであろう。はじめからそんな描き方をしているわけはない。踊るようにいっぺんに、よろこびや勢いと共に描かれたものは、その時間が過ぎてしまうと、もう触れることができない。「書」はそれを重んじるので、なぞったりしてはいけないのである。子供の絵もそうだ。
 

  しかし、大人はいったん描いたものを、うしろへ下がって、目を細めたり、首を傾けたり、鏡を持ち出したりして「客観的に」眺めなくてはならないのである!何たる因縁であろう。
 

  さらには、自らの絵を「歴史的に」とらえてみることとか、描くことそのものを問うて見るとか疑ってみるとか、つまりあらゆる知能と知識を動員して。「うしろに下がって」眺めなくてはならないのである。
 

  これが現代アートの定義だ。見ることを見る、ことを見ることを見ることを見ることを見ることを.....

                                  

堀越千秋

■ Opening 10月12日(土)6:00~ 「堀越千秋を囲んで」
■ 同時開催 くれたけ酒造SAKEホール 佐賀県鹿島市浜町酒蔵通り