Gallery MORYTA

堀越 千秋

Horikoshi Chiaki


1948年東京都生まれ。
東京芸術大学大学院油画科専攻終了後、ヨーロッパ各地を放浪。 1976年スペイン政府給費留学生としてマドリッドに定住する。

マドリッドを中心に世界各地で活動を続ける堀越は、「スペインは、誰もがヒピカソの勢いと、短気と、粗放さ を持っている芸術国家だ」というスペインへの共感をベースに、絵画、立体、壁画などのアートからカンテ( フラメンコの唄)、エッセイといったさまざまな分野において、 ダイナミックで幅広い作品を生み出してきた。
「武満徹全集(小学館)」の装画で経済通産大臣賞。ライプチヒ市「世界で一番美しい本」日本代表に選出。全日空機内誌「翼の王国」表紙絵でも知られる。カンテの名門一族「アグヘタファミリー」との親交を深め、カンテ(フラメンコの唄)の名手としても活躍し、2004年フジロックフェスティバルにも出演した。
著書に「フラメンコ狂日記」、「絵に描けないスペイン」「赤土色のスペイン」「美を見て死ね」など多数出版される。
2014年、スペイン政府より文民功労賞を受賞。
2016年、マドリッドにて死去。


個展
  • 2017 「赤土色のスペイン 挿絵原画展」   (画廊香月/東京)
  • 2016 「西の国から 」  (Gallery MORYTA /福岡)
  • 2016 「西の国から 」  (画廊香月/東京)
  • 2016 「西の国から」  (神田日勝美術館 /北海道)
  • 2003 「he has gone to Spain in 1977」(三菱地所アルテイアム/福岡)
  • 1996 「スペインの夕べ」  (呉竹酒造東蔵 /佐賀)
  • 1996 「スパニッシュラビアンローズ」(キリンプラザ /大阪)


  • アートフェア
  • 2017  ARTF AIR ASIA FUKUOKA2017・GALLERY MORYTA
  • 2017  Infinity Japan Contemporary Art Show 日本無極限 TAIPEI (台湾・台北)TAIPEI・GALLERY MORYTA
  • 2016  ARTF AIR ASIA FUKUOKA2016・GALLERY MORYTA
  • 2016  ART FAIR Sapporo 2016・GALLERY MORYTA
  • 2016  ART KAOHSIUNG 2016(台湾・高雄)・GALLERY MORYTA
  • 2015  ART FAIR ASIA FUKUOKA2015・GALLERY MORYTA

◉<読売新聞/ 2016.12.24 文:芥川喜好>
  「うたげの人マドリに逝く」  
        

 生きているうちは名を馳せなくても、死とともに忘れられていく人は少なくありません。むしろ、それが普通かもしれない。 まれには、死後に真価が現れる人もいます。自分を売り込んだり大きく見せたりすることに興味のない、慎み深い人だったのでしょう。   棺を蓋いて事定まる、と昔の詩人は言いました。生身の人間の評価は難しい。自分で自分を持ち上げる人間がいる。自分の評価に興味のない人間もいる。時の経過に任せるしかない。千二百年前の詩の言葉は、今も人間の現実を突いています。

 

 年末近く、自分と同い年の一人の死が身にこたえるとは、思いもしませんでした。彼こそ「躍動する生」そのもののような人だったのです。   本紙の読者なら、堀越千秋というスペイン在住の画家の名をご記憶かもしれません。当方、三十年の間に何度も自分の連載で取り上げ、文化欄に文章をもらい、絵と文の日曜版連載「赤土色のスペイン」は、二年の間に読者を熱狂させました。夕刊でも絵と文の自伝を二年、文字がテーマの絵を五年、連載してもらいました。絵も文もたちどころ。けた外れの才能と行動力の人でした。でした、と過去形で書かねばならぬのが無念です。十月三十一日、彼はマドリードの病院で、数日後には六十八歳二なる生涯を閉じました。  

 堀越千秋は、日本の美術を底のところで面白くしてきた非定住派(すなわち放浪)画家の、正系につらなる傑物です。  敗戦から三年、東京のど真ん中に生まれてみたら、父はシベリア帰りの絵描き、祖父も日本画の絵描きだった。自ら絵を描くことを運命付けられた環境に耐え、東京芸大油画科の大学院を出るとスペイン政府給費生となってさっさと日本を離れ、マドリードに住みつきます。

 

 芸大時代、彼は美術の動向や他人の作品に関心を示さず、美術解剖学を講じる三木成夫の思想に強い影響を受けます。人間一個の存在の内に三十数億年の生命の記憶を、そのリズムを、その孤独を、探り出していく感覚を三木の「生命形態学」から受け取ったのです。  小学一年の時の記憶を、彼は本紙に語っています。夏休み、母親に言われて学校のプールに嫌々出かけたら、一年生は自分一人だった。家に帰ってふくれていると。「ほう、それは偉い。たった一人、というのが偉いんだ」と父親が言いました。

 「たった一人 ー霧が晴れたように、僕の中に一つの音楽が流れ出した。それは今も鳴っている」と。宇宙の中にただ独り。それを全身で感じていたいから、誰とでも隔てなく接し、いつも人なつこく豪快に笑っていたのです。彼とは色々な温泉を巡りました。秋田の玉川温泉につかっていたとき、真っ赤になった自分の胸を指して「絵ってのはね、ここで描くもんです。世界はそこにある。おれはここにいる。そのぶつかった印が紙の上に出る。そこに現れるものに自分で驚き、心を踊らすんです」と語ったせりふを忘れません。  

 年に何度か帰国して埼玉山中の古い借家で描き、窯を築いて焼き物を作ります。各地で個展を開き、ファンと交わり、フラメンコの唄で喝采を浴びます。  行く先々に人は集まった。全ては祭りであり、うたげだった。あの蕪村も玉堂も、移動する先々が知己の集う文芸や書画や音楽の場となった。人の世の濃い時間が流れていた。堀越千秋の「正系」たるゆえんです。

 当然ながら自分の評価のためには何もしなかった。作品もほとんど散逸に近い状態です。彼の世界は具象も抽象も含め色彩豊かですが、基本は躍動する線、瞬発力にみちた線です。福岡の展覧会場で、巨大な壁画にわずか九分で墨線画を描ききる姿を見たことがあります。漢画を思わせる健剛な線、女体を描く繊細にして官能的な線。天性の表現力をあらわす速度のうちに。「人間が絵を描く」ことの始まりを見るような新鮮さがありました。

 

 ちょうど一年前、堀越さんは末期のがんで余命半年を告げられますが、治療は断り自然食と平常心で日々を過ごします。虫の知らせか、数年前から画集を作ることに熱意を示し、小学館版武満徹全集で挿画を描いた時の編集長大原哲夫氏(69)に託していました。すでに作業は始まり、大作七十点が新潟県内で見つかるなど発見が続いています。ネットを通じて募集中の基金も、現時点で賛同者二百数十人に達しました。「この広がりは驚きです。追跡は大変ですが、放浪派の巨匠だし、人間がきれいでしたからね、何とか足跡を明らかにしたい」と大原さんは言います。「早死にというより、エネルギーを惜しみなく使って、使い切ったということ。寿命を目いっぱいに生きた。我々の前では信じ難いほどににこやかだった。彼の美意識です。この潔さは」と語るのは、最も古い友人だった詩人の小川英晴さん(65)です。棺を蓋ってのち、定まってくるものがあるはずです。




わたしを放っておいて
oil on board 1620x1115mm 2012



ゴッホ昇天
oil on canvas 440x530mm 2016



双子座
oil on board 1000 x 810mm



non title
oil on board 480 x460mm 2015




oil on canvas 237x243mm 2014

Chiaki Horikoshi Born in 1948, Tokyo.
After graduating with a major in oil painting from Tokyo University of the Arts,

Chiaki went traveling around Europe. Settled in Madrid in 1976 as an exchange student sponsored by the Spanish government. Chiaki continued his activities around the world with Madrid at the center: “Spain is an artistic nation where everyone has the energy of Picasso, short temper, and roughness”. Based on his empathy with Spain, he has produced dynamic and wide-ranging works in various fields such as paintings, sculptures, murals, cante (flamenco songs) and essays. Received the Minister of Economy, Trade and Industry Prize for “Takemitsu Toru Complete Works (Shogakukan)”. Elected as the Japanese representative for “most beautiful book in the world” at Leipzig. Also known for the covers of ANA’s inflight magazines “Tsubasa no oukoku”. He deepened his friendship with the prestigious family of cante Agujetas and performed cante (flamenco songs), appearing at the Fuji Rock Festival in 2004. Chiaki also published many books such as “Flamenco kyou nikki”,”E ni egakenai Spain”, Akatsuchi-iro no Spain” and “Bi o mite shine”. 2014, received a civilian award for distinguished service​ from the Spanish government. 2016, passed away in Madrid.


SOLO EXHIBITION


Art Fair